サブスクリプションサービス・定額制サービスとは?

サブスクリプション(定額制)サービスの基本

サブスクリプションサービスはとは、
年間、月間、一週間、など一定の期間中、一定の価格で自由に利用できるサービス及び課金の方法です。

定額制の説明の種類

一定期間(年、月、日など)あたり一定価格でいくらでもサービスを供用する課金システムである。

(引用元:ウィキペディア)

一定の料金を払うことで、期間中に何度でもサービスが受けられる形態のこと。

(引用元:コトバンク

サブスクキーワード

  • 一定の期間
  • 一定の料金
  • 自由な利用

キーワードにより具体的にサブスクリプションサービスの定義が見えてきたことでしょう。
これら3つが組み合わさったサービスが定額制サービス並びにサブスクリプションサービスとなります。

定額制を理解する「一定の期間」

定額制の定義として重要なキーワードが「一定期間」です。

種類として多いのが、1年間、1ヶ月となります。
定額制で最も多く採用されているのは月額制です。

定額制を理解する「一定の料金」

定額制で設定される料金は一定の期間に対する料金になります。

  • 1年間に対する料金
  • 1ヶ月に対する料金

定額制における料金のポイントは別途追加費用が発生しないという点です。

1度決まった料金を支払ったなら、期間中は追加費用無しにサービスを自由に使えます。

料金についてはサービスによって数百円から数千円と異なります。
詳細料金は各サブスクリプションサービスごとに確認しましょう。

定額制を理解する「自由な利用」

定額制サービスの魅力であるのが、期間中の自由な利用です。

具体的には動画コンテンツの「Hulu」のように月額980円支払うことで、1ヶ月の間動画コンテンツの視聴が自由に行えます。
もちろん、視聴数や視聴時間といった制限はなく、追加費用が発生するようなコンテンツもありません。

980円で1ヶ月の間、収録している動画コンテンツを好きなときに、好きな数を自由に視聴することができます。

これが定額制サービスの特徴であり、メリットだと言えます。